大家さん必見!賃貸の空き部屋が減るひと工夫

新築物件の賃貸は、中の木材などの水分で湿気やすい状況であるので、換気をよくすることが大事です。

大家さん必見!賃貸の空き部屋が減るひと工夫
大家さん必見!賃貸の空き部屋が減るひと工夫

新築賃貸は換気をこまめにすること

新築物件を賃貸契約した時には、ともかく、毎日窓を開けて喚起するのよと教えられたことがあります。10年前の新築とは違い、今では新築する厳しい条件に24時間換気システムやホルムアルデヒド関係の材料の使用禁止などがあるため、シックハウス症候群という言葉は使われなくなりましたが、それでも新築というのは、ストレスが身体に表れやすいという敏感な人には、用いている接着剤などが合わないという人もいるらしいのです。それに、できたてのほやほやの鉄骨住宅であっても、木製の部分も多くありますから、そこから水分が空気中に舞い、少々湿度面で気をつける必要が出てきて、かびらないように気をつける必要もあると聞きました。

新築の物件に入居したから、すがすがしく気持ちのよい毎日が始まるためには2ヶ月ほどは、換気をするというのは大事なようで、知り合いの賃貸マンションでは、北側の日のあたらい部分のクローゼットの中が何か湿気た感じがしていたのは、まめな換気が足りなかったということだったのでしょう。かっこいい麦わら帽子にカビが生えていたようです。新築は、全体的な換気に心がけて、特に日の当たりにくいところは、新築故の湿気状況がなかなか解決しにくいのかも知れません。

PICK UP!その他の記事

おすすめ!