大家さん必見!賃貸の空き部屋が減るひと工夫

年収が600万円以上の人は賃貸経営のために銀行からの融資、もしくはアパートローンを利用する方法もありです。

大家さん必見!賃貸の空き部屋が減るひと工夫
大家さん必見!賃貸の空き部屋が減るひと工夫

収入別に賃貸経営の方法を変える

不動産の賃貸経営を行う際、最も大切なことは利益が出せる不動産を見つけることです。その前のステップとしては、その不動産を購入する力が足りているかどうかということが重要になります。いわゆる住宅ローンと違って、賃貸経営をする場合は事業にかけるローンということになりますから、一般的な住宅ローンを利用することはできません。事業をするというのならばアパートローンを利用したり、日本政策金融公庫からお金を借りるという方法が一般的だと言えます。ただし日本政策金融公庫の方は直接購入にあてる費用とするよりも、中古物件のリフォームや修繕のための費用として使うのが適していると言えます。なので、運用するための賃貸物件を購入するための資金としてローンを利用するというのであればアパートローンを使うのがオススメです。

銀行からの融資やローンを利用する場合に大切な基準となるのが、個人の年収です。この額が年収600万円以上の人は融資やローンを利用する際の審査で認められやすいですが、これ未満の人だと審査に受からないという可能性もあります。その場合には現金で安い中古物件を購入しておいて、なんとか年収を増やすという方法が考えられます。

PICK UP!その他の記事

おすすめ!