大家さん必見!賃貸の空き部屋が減るひと工夫

賃貸経営を行う場合、郊外と都心ではターゲットとなりやすい借り手の層が異なります。場所によって変えましょう。

大家さん必見!賃貸の空き部屋が減るひと工夫
大家さん必見!賃貸の空き部屋が減るひと工夫

郊外と都心で分ける賃貸経営の仕方

郊外と都心、この場所の違いは利便性が分かれるポイントでもあり、住んでいる層が異なるポイントでもあります。賃貸経営をする事業主であれば、これらの場所によって異なるターゲット層の違いを明確に把握しておく必要があります。どういう人でもいいから入ってくれればいいというような、なんとなく貸しているという感じの賃貸経営では利益があげられるとは思えません。どういう層がどういう場所に住まいを求めているのかということを理解しておくことです。一般的に言って戸建の賃貸物件は借り手がつきにくくて利回りが低いと言われています。しかし、郊外であれば戸建でも借り手がつく可能性が高いです。どういう人たちが借り手となりやすいかというとファミリー層です。最近で言えば20?30代くらいの若い夫婦2人、子ども1?2人くらいの家庭ですね。

こういった家族は子どもたちをのびのびと遊ばせられる環境を欲しているので郊外の戸建て物件を探している可能性が高いです。逆に、都心ならばこういった需要が満たされる物件というのが少ないため借り手がつきにくいというのが現状のようです。もしも都心部で物件を運用するのであれば、できるだけアパートやマンションなどの賃貸物件を一人暮らしや夫婦のみの層にターゲットをしぼると良いでしょう。

PICK UP!その他の記事

おすすめ!